大切なお守り

ずっと大切に取っておいた

彼からのメール


私のお守り


「大好きだよ」


文字を追うだけで

信じようって

いつもいつも思って


だんだん…

お守りを見ると切なくなって



もう消してしまおうかな…

…メールやめようかな…



そう思っていた時に



頑張って!

大丈夫!


背中を押してもらって

踏み出した一歩

…私にはとても大きな一歩



彼が私の誕生日を覚えててくれた

私自身は忘れていたのに…


忙しい毎日の中で

「大切な日」だからって

考えてくれてた


嬉しかった

胸がいっぱいになって

涙が溢れて…



大切なお守りが

また1つ増えた


臆病な私の背中を

強く 優しく押してくれたみんな


自分のことのように

一緒に喜んでくれたみんな



大切なお守り…

ありがとう♡