あまりにも切ない…

ゆっくり少しずつ


想い出をひとつひとつ

この手にとって


振り返っては涙して


手にとった想い出を宝箱にしまって



そんな毎日の繰り返し


それでも…

進めている気がしていたこの頃


涙する日が少しずつ少なくなって

静かにあなたを想えるようになった

そんな気がしていたのに…



あなたからの「逢いたいね」のひと言に

私はひどく動揺してしまって…



想いをぶつけるつもりで

それはそれは、決死の覚悟で…

逢うことに…



…それなのに

逢ってしまったら…何も言えない…



あなたは、屈託のない笑顔で

いつもと変わらない優しい目で私を見つめる


「逢いたかった?」

「寂しかった?」


そう言って抱き寄せられる


苦しくて、じっとするしかない私


突然…



「結婚したかった?」



あまりにも切ない質問…

胸が張り裂けそうになって

クラクラしてきて…



「あなたは?…」



今の私に出来る精一杯の抵抗

…答えは



「愛してる」



切な過ぎて、苦しい…胸が痛い



あなたはずるい…



逢いたかった

寂しかった


結婚したかった



私の答え…分かっているはずなのに

どうして聞くの?



逢えたのに

切な過ぎて、苦し過ぎて

涙がとまらない



こんなに切ない気持ち

あなたはきっとわからない



こんなに切ない「愛してる」

…今の私には受け止められないよ