優しい気持ちで

「早く上がる予定だよ」

突然のメール…


すぐに返信したいのに

何故だか怖くて…

何度も何度も消して…


でも、やっぱり!

思い直して…勇気を出して…

「逢えませんか?」




…久しぶりに逢えた彼は

本当に疲れていて、体調も良くない感じ


ただずっと、彼の話を聴いて。

仕事のこと

子供のこと

奥さんのこと


不思議と寂しい気持ちにはならなくて


ただずっと、ずっと聴いて。


ふっ…と

「手を繋いでなかったね」

そう言って私の手を取ってくれた。


暖かくて優しい手


心が満たされていく

穏やかに時間が過ぎる


「早く帰って休まないと」


そう言った私を


「おいで」

優しく抱き寄せてくれた


「寂しかったよね。よく頑張ったね。」

何度も頭をぽんぽん…


この胸にそのまま溶けてしまえたら…

頬を温かい涙が零れる…


今度の約束はいつも通りないけれど


とっても


「しあわせ」


大切だから

優しい気持ちで


「またね」